« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月22日 (月)

観光庁長官表彰謝恩レセプション無事終了しました。

皆さまこんばんは♪

本日は先日受賞しました観光庁奨励賞の謝恩レセプションを銀座の茨城マルシェさんで開催しました。

レセプションの様子はコチラhttp://maiwai.exblog.jp/18148618/

美味しそうなランチの中に、とんかつがあったので、思わず職業病でこんな事を・・・(^^;
Kimg1996

さて・・・今日レセプションを行っているとき、杉山さんや、渕上さんのお顔を拝見しながら色々な事を思い出していました。

杉山さんと初めて会った日の事。極寒の中、カメラを持ってロケハンに一緒に出かけたこと。最近はなんで杉山さんから「大洗のおじさん」と呼ばれるんだろう・・・ってどうでも良いこと(笑)

そしてたまたま渕上さんとお話させていただいたのは、昨年のあんこう祭当日の鹿島臨海鉄道ラッピング電車お披露目式の思い出話でした。

自分「皆さんに来ていただけるか当日まで不安で不安で仕方なかったですよね。でも早朝、臨鉄職員さんから悲鳴にも似た電話が入ったのを聞いてびっくりしましたよ」

渕上さん「私もすごく不安でした。お披露目式は私しかいませんでしたし。でも本当に沢山の方にいらして頂けたのを目の当たりにして、本当に心から嬉しかったんです」

思い出しながらそうおっしゃった渕上さんの目は、少し潤んでいたように見えました。

そしてその後いただいた渕上さんのご挨拶の一言、一言が関わる皆さんやファンの方への感謝の気持ちが染み入るように伝わってきて、胸が熱くなり思わず男泣きしそうになりました(´;ω;`)

放映開始直前から急ピッチで進めてきた、ガルパンのイベント。一つ一つの事が初めてで、手探りで、大変で大変で・・・でも楽しくて。

なんでなんだろう・・・思い返してみると答えは簡単でした。

杉山さんをはじめとするバンダイビジュアルの制作スタッフの皆さんの実直さ。

渕上舞さんをはじめとする、声優さん、マネージャーさん、メイクさんのあたたかさ。

県・町行政の方や、商工会、観光協会の力強いバックアップ。

商店街の皆さんが徐々に理解度を増してくれて戻ってきた笑顔。

様々なイベントで力を貸してくれるボランティアスタッフのメンバー。

そして何より、ガルパンのみならず大洗をも好きになってくれたファンの皆さんの優しさ。

あれからまだ半年と少ししか経ってないんですね。もっと長い時間のように感じます。

今回いただいた賞は、そんな皆さまの思いが一つの証になったものだと思います。

本当にありがとうございました!

よーし、声を大にして言うぞ~!パンツァー・フォー!!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

大洗の来週のイベントものすごいデス(;゚Д゚)!

皆さまこんばんは_(_^_)_最近ブログを中々かけず、tweetもできず・・・しかもHPのサーバー移管も済ませておらず大変ご迷惑をおかけしています_(_^_)_

さて、来週7月12日~15日は北海道行ったり、またすぐ大洗に戻ってきたりとハードな週末を過ごさせていただきます。

その内容はコチラをどうぞ!→http://girls-und-panzer.at.webry.info/201307/article_3.html

今回もたいへん急遽なイベント計画をしてしまい、特にフェリーイベントに関しては募集期間の短さなどご迷惑もおかけしましたが、関わる皆さん本当に一生懸命「勇気と知恵と情熱」を振り絞って設営準備をしてくれてます。

何かこう、みんなが楽しんじゃってて、互いにむちゃぶりをしながらもそれを気持ちよく受け入れてくれているような感じでした♪

残念ながら、新商品とかそういうものはイベント設営に全力集中と、他のお店様の商品企画を全力バックアップさせて頂いていたため、全くご用意出来ませんでしたが、あいも変わらず大洗イベントを楽しんでいただければ幸いです。

今回全力投球してくださった、バンダイビジュアルの皆さま、声優の皆さま、マネージャーの皆さま、メイクの皆さま、大洗町、大洗町商工会、商船三井フェリー、大洗ポートトラベル、大洗港区事務所、大洗ポートオーソリティーの皆さま、ボランティアガルパン応援団、まいわい市場のみんな、そして、自衛隊の皆さま大洗を盛り上げるために多くのご協力本当にありがとうございます!

まだまだ書ききれないほど多くのご協力をいただいておりますが、そこに楽しんでいただける皆さまの笑顔でまた一つ前に進む気がします。

本当にいつもありがとうございます!最終調整に向けて、みんなでがんばります!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »