« 日々の感謝をこめてクックファン「ありがとう券」はじめます。 | トップページ

2018年11月30日 (金)

ありがとう券をお渡しする裏側にある本当の意味を教えてもらいました。

皆様こんばんは!クックファン翔です。

先日より、クックファンではお食事やお弁当ご利用で「ありがとう券」という紙のお礼券を差し上げています。

これを作るきっかけになったのは、「もっと色々な形でお礼の言葉を伝えたいな」という私の気持ちを代表が「それいいよね♪」と即決してくださり実現しましたapple

ペーパレスの時代に逆行してるかもしれませんけど、デザインも最大限「お礼・感謝」の気持ちを込めて代表に作ってもらいましたsmile
2
所が、代表からこんな事を聞かれました。

「このありがとう券の裏側にある本当の意味ってわかる?」と・・・

私は、ありがとうを言葉以外でも伝える。という事しか考えてなかったので、おっしゃってる意味がわかりませんでした。

代表はこう言いました。
「うちは18年とんかつ屋をやらせてもらってる。想像してくれる?もし、この世の中がなんにも揃ってない世界で、突如自分が豚肉に衣をつけたらうまいんじゃないか。とアイデアが出来たとする。

でも自分の周りには何にも揃ってない。そうすると

豚を育てなければいけない。パン粉にするパンを作るのに、畑を耕し、小麦粉の種を手に入れ育てなければいけない。

ソースを作るのに果実育ててそれを発酵させて、他の調味料と合わせなければならない。そもそもその果実が育つ環境じゃないかもしれない。大げさだけど、塩だって自分で作らなきゃならないし、胡椒の作り方なんてわかる?

ご飯やキャベツだって田んぼや畑を作って稲や種を植えて、ちゃんと育つかどうかハラハラしながら一つのとんかつを作らなきゃならないんだぞ」


と・・・(確かそんな内容の事を言ってた)

最初は何でそんな極端な例え話をするのかその真意がわかりませんでした。

そして代表はこう言いました。

「うちのとんかつ定食1つを20分程度で作るには、野菜生産者、畜産生産者、それを収穫したり加工したりする人、それを運ぶトラックの運転手さん、それを売ってくれる業者さんやスーパーマーケットさん、数えきれない人の協力がなければ絶対出来ない事。

だから、その協力者の方の顔は見えないし、会えたこともないかもしれないけど、眼の前にあるとんかつ1つを食べてくれるお客様に、裏側にいてくれる協力者の方々全員を代表して、うちのスタッフからお客様にありがとう券を渡すんだ」


と・・・

そんな事考えたこともなかったです。でもまた一つ勉強になりました。

数多のクックファンの協力をしてくれる方々⇔クックファン⇔お客様

全員の気持ちがこもったクックファンのとんかつを食べてくれて、あなた!本当にありがとう!

そんな気持ちでこの「ありがとう券」を皆様にお渡ししたいと思います!

|

« 日々の感謝をこめてクックファン「ありがとう券」はじめます。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29867/74692908

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう券をお渡しする裏側にある本当の意味を教えてもらいました。:

« 日々の感謝をこめてクックファン「ありがとう券」はじめます。 | トップページ